会社紹介

PARUは、自然を育て、自然と一緒に呼吸し、人と自然が一緒に生活をすることを願います。再生可能エネルギーの太陽光発電と次世代技術である印刷電子産業を中心に、清浄な生物環境と安全な環境を造成して、より快適な生活環境を提供いたします。PARUの自然にやさしい道は今後も続くことを皆様にお約束します。

 

PARUは、1993年7月に設立され、2000年7月にコスタク上場しました。自動機械事業を開始し、2000年に太陽光エネルギー事業分野で、2003年に印刷エレクトロニクスの分野に拡張しました。

トータル環境ディレクティンググループ

PARUは現在、環境技術(Environment Technology)とバイオ技術(Bio Technology)を基に、生活環境、バイオ、産業環境、生物環境などの分野において多様な事業を展開しております。そして、これからもこのようなトータル環境製品を基に、新しくて清浄な世の中を作っていくために、常に新しい技術を開発し、最高の品質と価値を皆様にお届けする「トータル環境専門企業」として成長していくことを約束いたします。

Healthy company that loves natural environment

PARU is with the customer.

PARU has been recognized abroad first as an environmental corporate.

PARU provides a clean natural technology to you.

PARU makes the best quality and value.

CEO Message

PARUのホームページへようこそ。

株式会社PARUの代表取締役カン・ムンシクです。

(株)PARUは、1993年創業以来、太陽光、プリンテッドエレクトロニクス、LED、EV電気運搬車、小型風力及び電気電子、生物環境製品など、緑色技術を基に20年間新技術開発と共に人類の健やかな暮らしとより良い社会をつくるための技術革新を通じて、国家産業発展に必要な新再生エネルギー分野を持続的に開拓し、「快適で住み心地の良い環境に優しい暮らしの空間を提供する。」という経営哲学により多様な事業ポートフォリオと安定した透明な財務構造をつくり、堅実な経営をしております。今後も企業意志を未来に反映させ、国内外最高の技術力を通じて緑色環境分野に貢献し、より良い製品の最高の品質で世界的な企業に跳躍します。また、21世紀の超一流企業に成長するために、PARUは韓国市場で築いた経験と成果を基に、グローバル時代にふさわしい世界品質、世界技術はもちろん、最先端情報ネットワークを備えた世界超一流企業を目指す力強い一歩を踏み出そうとしています。これを通じて、お客様の愛情と信頼に応え、美しい世の中に快適で住み心地の良い、環境に優しい暮らしの空間を提供できるように、PARUがお客様と共に歩んで行きます。

Total Environmental Direction Group PARU

PARUは、環境とバイオテクノロジーをベースに、生活環境、バイオ・産業環境、有機環境分野の事業をしています。これをもとに、PARUは清潔で美しい世界を作っていくために、継続的な成長と発展をします。


Global Eco-friendly Energy Solution Providing Company


PARUの事業分野は、環境技術、バイオ技術で有機環境まで伸びています。これをもとに、PARUは「Total Environment Special Corporation」により、清潔で美しい世界を作るために、継続的な成長と発展をしています。

 

PARUは、製品の品質向上と核心製品の開発と共に、高効率を達成と拡張を目指しています。

又、PARUは変化する周囲の環境と市場の状況を継続的に分析しています。

太陽光発電システムと相互連動するシステムの開発、コスト削減、世界的なリーダー太陽光エネルギー企業での成長を追求します。

PARU Head Quarter & Industrial Complex Factory

PARU 順天本社

PARU順天本社では、太陽光追尾制御システムの核心部品であるセンサー及び制御盤の組立ラインを保有しており、独自の技術研究所を通じて製品開発、信頼性検証テストを行っています。

PARU 栗村産業団地工場

PARU栗村産業団地工場では、両軸追尾式システムの主要核心部品である駆動部の組立ラインを保有し、持続的な品質管理及び生産管理を通じて、常に最高の製品を供給するために取り組んでいます。また、両軸追尾式システムのフレーム自動化溶接ラインを通じて、無欠点製品を生産するために最善を尽くしております。